お湯が出なくなった!どこに頼めば良いの?

ガス給湯器が故障したら大手ガスメーカーに連絡するのが当たり前と思っていませんか?実際にはもっとお安く安全に購入できるのです。

実際に売れてるガス給湯器販売の人気ランキングのサイトを掘り下げて比較して紹介しています。
安心してお任せできるショップを探している人は必見!

評判の良い人気サイトを比較し、おすすめランキングで紹介しています。価格・スピード・保証・会社規模など様々な側面から比較。

ガスの工事は心配?給湯器販売店の違いがひと目で分かる総合ランキング

標準工事(設置)費用の目安

これまで使っていた給湯器が故障してしまった場合、修理あるいは交換を行ないます。
修理と交換のどちらを選ぶかで悩む方もいますが、すでに耐用年数を超えている、あるいは耐用年数に近い場合には、修理するよりも交換するほうが望ましいといえます。
そこで気になるのが、交換にかかる費用です。

給湯器には高価なものもあるため、できれば安く済ませたいと考える方も少なくありません。
とはいえ、あまりにも安い場合にはそれなりの理由があるため、安すぎる業者を選ぶのも不安かもしれません。
安全に安い業者を選ぶためには、ある程度の目安を知っておく必要があります。

そこで今回は、給湯器の標準工事にかかる費用の目安についてご紹介します。

標準工事とは?

標準工事とは?

一費用の目安についてご紹介する前に、まずは給湯器の標準工事についてご紹介します。
給湯器の標準工事は、現在設置されている給湯器を取り外し、新しい給湯器に付け替えるための工事を指します。
標準工事の範囲内であれば、各業者が設定しているとおりの費用で工事を行なうことができます。

新しく設置する給湯器は、ガス種、 設置方法、設置場所を変更してはならないため注意が必要です。
ガス種には都市ガスとプロパンガス、設置方法には据置形と壁掛形、設置場所には屋内・屋外・PS庫などがあります。
これらのうち、ひとつでも変更する場合は標準工事にはならず、別途費用がかかります。

標準工事費用だけで行なえる作業を細かくみると、既存の給湯器の撤去、新規設置、給水・給湯管の接続、配管の保温工事、ガス管の接続、点火試験などがあります。

追い焚き機能付きの場合は追い焚き管の接続、エコジョーズの場合はドレン排水工事も含まれます。

従来の給湯器からエコジョーズに変更する場合のドレン排水管新規設置工事に関しては、標準工事の範囲内となります。

標準工事にかかる費用の目安

標準工事にかかる費用は、給湯器本体の価格と工事費用を合わせた金額となります。
給湯器本体の価格は、付加されている機能や給湯能力によって大きく変わります。

2人~4人の一般的な家庭の場合、給湯器の号数は20号以上が妥当です。
20号の給湯器は、水温を25℃上昇させたお湯を1分間に20リットル出せる能力を持っています。
この給湯器で、追い焚き機能が付いていないものだと価格はおよそ20万円程度です。
ここから販売業者による割引が適用されるため、最終的な購入価格は5万円~10万円程度が目安となります。

次に工事費用ですが、こちらはおよそ3万円~5万円程度が目安となります。
マンションや一戸建てなど、住居のタイプで標準工事費用が変わるかどうかは、工事を依頼する業者によっても異なります。

最も安い追い焚きなしの従来品の場合、3万円~4万円程度が目安です。
従来品で追い焚き機能が付くと、1万円ほど高くなります。

エコジョーズの場合、追い焚きなしで4万円~5万円程度。
追い焚き機能が付くと、こちらも1万円程度高くなります。

これらの目安で考えると、給湯器の標準工事にかかる全体的な費用は10万円~15万円程度と考えられます。

追加で費用が発生するケースも

標準工事を行なう場合、業者による違いはあるものの、基本的に工事費用は一律です。
しかし、前述したように行なう作業の内容によっては、別途追加で費用がかかる場合があります。

たとえば給湯器の設置場所を変更する場合。
給湯器の位置が変わると配管や配線も変更しなければならないため、その分の費用がかかります。

どれだけ追加されるかは、移動する距離によって決定します。
据置形から壁掛形など、設置方法を変える場合にも追加で費用がかかります。
追い焚き機能がない機種から追い焚き機能がある機種に変更する場合など、給湯器の機種を変更する場合も追加で費用がかかります。

追い焚き機能がある給湯器を設置するには、追い焚き管の接続工事や壁貫通工事の費用が必要となります。

リモコン付きの機種に変更した場合は、リモコンの設置工事費もかかります。

これら以外には、給湯器の号数を変更する場合、関連部材に劣化や故障がみられる場合、高層階での作業の場合、寒冷地での作業の場合などでも、追加で費用が必要となります。

標準工事の範囲なのか、追加費用が必要なのかは事前に確認!

今回ご紹介したとおり、基本的には標準工事内であれば費用は一律となります。
本体価格と工事費用を足せばいいだけなので、計算も簡単です。

ただし、追加で費用がかかるケースもあるため、その確認だけは事前にしておかなければなりません。
一律だと思っていたら、思わぬ追加費用がかかってしまうこともあるのです。

給湯器の交換を行なう場合には、工事の内容についてしっかりと確認しておきましょう。

ガス給湯器販売店 比較ランキング

ガス給湯器販売店 比較ランキング1位

キンライサー

キンライサー 関西と関東エリアで施工実績100,000件超。販売価格は特別安くは無いが、徹底した丁寧な接遇と充実した保証とサービスにお客様満足度95%。

ガス給湯器販売店 比較ランキング2位

給湯器のアイリン

給湯器のアイリン スピード対応と安心のサービス内容が充実。過去の苦い経験を元に10年保証をつける決心をしたなど独自のストーリーを持つ販売店。

ガス給湯器販売店 比較ランキング3位

ほっとハウス

ほっとハウス この会社の良いところは、下請け業者ではなく自社で工事担当者を用意しているところ。1位のキンライサーと同じサービス内容が随所に見られる。

ガス給湯器販売店 比較ランキング4位

住設.com

住設.com 以前から住宅設備のオンライン販売に力を入れており、オンラインだけで完結できるシステム化されたWEBが魅力です。給湯器の販売のみ(工事無し)も可。

ガス給湯器販売店 比較ランキング5位

ガスペック

ガスペック 施工済みマンションの一覧や、過去型番から交換可能な商品への誘導、あるいはエラーコードの一覧など、じっくり検討されるお客様には親切で感がもてる。

関連記事

給湯器トラブルの対処法

給湯器にトラブルが発生したとき、すぐさま修理業者に依頼することもありますが、その前に確認すべきことがあります。もしかすると給湯器のトラブルではない可能性もあるため、まずは次のような点を確認してみましょう。

失敗しない取付販売店選びのポイント

業者の選び方には、いくつかポイントがあります。選び方のポイントを押さえておけば、悪質な業者に引っかかってしまうことはなくなるでしょう。そこで今回は、給湯器の交換での優良な業者の選び方についてご紹介します。

人気のページ

ガス給湯器販売店比較ランキング

ガス給湯器の販売店にはそれぞれ、さまざまな独自の特徴を持っています。それら特徴に加え、お客様からの評価やクチコミなども合わせて、独自の比較をしてわかりやすくランキングしました。

標準工事(設置)費用の目安

給湯器の標準工事は、現在設置されている給湯器を取り外し、新しい給湯器に付け替えるための工事を指します。標準工事の範囲内であれば、各業者が設定しているとおりの費用で工事を行なうことができます。

給湯器を取り扱う業者のタイプについて

給湯器を取り扱う業者のタイプとしては、公営のガス会社、給湯器メーカー、給湯器専門店の3タイプがあります。今回は、そんな3タイプの給湯器取扱業者の特徴についてご紹介します。

工事までの流れについて

給湯器の交換はあまり馴染み深いものではありません。その事態に直面したときにどうすればいいのか、何から始めればいいのかなど、わからないことの方が多いといえます。そこで今回は、給湯器の交換を依頼する場合の流れについてご紹介します。

表記価格の注意点

給湯器を交換する際には、一定の費用がかかります。新品の給湯器の中には高価なものもあるため、できるだけ安くていいものを買いたいと考えるのが一般的です。なお、給湯器の価格は商品によって違うのはもちろん、同じ商品でも取り扱っている業者によって大きく異なります。

ガス給湯器販売店詳細レビュー
人気の販売店をピックアップ

当日翌日のスピード対応&無料10年W保証のキンライサー

当日翌日のスピード対応&無料10年W保証のキンライサー

近畿圏では「お湯がすぐ出るキンライサー」というTVやラジオのCMも実施していて、認知度が上がっている。スピードがありながら、丁寧な対応で評判。

少数精鋭で関東エリアにスピード対応!給湯器のアイリン

少数精鋭で関東エリアにスピード対応!給湯器のアイリン

過去の苦い経験から学び、保証内容を見直した努力企業。改善力のある販売店。関東エリアに特化した販売店。

マンガで説明!分かりやすいホームページのほっとハウス

マンガで説明!分かりやすいホームページのほっとハウス

オリジナルのマンガで給湯器工事をわかりやすいホームページが特徴です。もちろん、他の販売店に負けないサービスも充実しています。

主要ガス給湯器メーカーの特徴!

Rinnai

リンナイ給湯器の特徴

リンナイは技術志向のメーカーであるといわれ、独創的かつ高い技術力でさまざまな先進的な製品開発を行なってきました。ガス給湯器市場でもその技術力は評価され、現在はノーリツとともに国内シェアを二分するメーカーとなっています。

Noritz

ノーリツ給湯器の特徴

ノーリツはリンナイと国内シェアトップ争いを展開しています。ガス、石油ともにおよそ40%のシェアと、まさに日本を代表するメーカーです。また、環境省のエコファースト制度に認定されており、環境に対する意識が高いメーカーとして認知される。

Purpose

パーパス給湯器の特徴

現在のガス給湯器の主流であるエコジョーズを、数ある給湯器メーカーの中で、家庭用給湯暖房機として初めて発売したのが、パーパスです。エコジョーズに関する高い技術は、パーパスの大きな武器となっています。

paloma

パロマ給湯器の特徴

現在は国内シェアではリンナイ、ノーリツに大きく引き離されてしまったパロマですが、アメリカでシェア1位のメーカーを買収したことで、全米でおよそ50%のシェアを獲得しています。このことから、世界的に有名なメーカーとして知られています。